「三十六町為一里」について

  

これが載る古い文献は、『捨芥抄・田籍部第二十五』だが、これは、面積関係で「36町=方1里」のことであり、長さの関係では無い。基本的に「町」は律令で面積単位として定義された。

  *「凡田、長三十歩、廣十二歩為段。十段為町」(田令第九)

  *「方:古代計算面積的述語。如果(もしも)地形不規則、就截長補短來計算。

  孟子滕文公上有“今滕絶長補短、将五十里”的説法。」

(王力著『古代漢語・常用詞593【方】』)

  

つまり、36町の面積は、

  1町=30歩×12歩×103600歩>、

  36町=36×3600歩=129600歩>

 1里の面積は、

  360/里×360/里=129600歩>

 だから、面積的関係で「三十六町為一里」となる。

 

しかし、後に、これを“長さ”的関係に誤読した者がでてきたのであろう。

 面積の「町」を正方形の一辺の“長さ”に換算すると、

  <√町=√3600歩=60歩>

36町」では、<36×60歩=2160歩>

 これを尺に換算すると

  2160歩×6/歩=12960尺>

よって長さの関係が、12960尺=1里」と出来上がる。

 これは「大宝律令」に反するものである。

  *「凡度地、五尺為歩、三百歩(1500尺)為里」(雑令)

 (後に“五尺為歩”は“六尺為歩”に改正される「和銅六年二月十九日格」)

  

この誤読を誤読のまま正式採用したのが、明治の「度量衡法」(第三條―明治四十二年三月六日法律第四號)である。

 その条文の第三條「度」に、

 「町:三百六十尺<六十間>(60歩)」

「里:一万二千九百六十尺<三十六町>(12960尺、約4Km)」と載せてしまった。

 お粗末な話しである。

  *(参考):「路程ハ六十間(歩)を一町といひ、三十六町を一里というふ」(小學入門「連語圖解」)

 

しかし、一番お粗末な明治の法律は「大日本帝国憲法」であろう。天皇主権を書きながら、その主権の行使には、憲法に規定のない組織である内閣の“所管大臣”の副書が必要と書かれる。つまり、天皇の統帥権の行使にも、陸・海軍大臣の承諾が必要と言うことである。さらにまた、天皇(明治天皇)が「機務六条」を内閣から約束させられて、事実上の主権は元老による“内閣”が握り、憲法上の天皇主権は傀儡主権となる。このため、天皇を守るはずの近衛兵すら皇居に銃を向ける事件も発生した。このお粗末な「大日本帝国憲法」を頂く「大日本帝国」は、70年たらずで滅亡する。

 

 *「一、内閣に於て重要の国務会議の節は、総理大臣より臨御及上奏候上は、直に御聴許可被為在事」(『明治天皇紀』所収「機務六条」)